20130115_ph.jpg

■ 民進党:「中道保守」こそ政権交代への道!
3月27日、民主党と維新の党が合流し、民進党が誕生しました。一強多弱と言われる政治状況が続き、一方で7月の参院選
が近づいています。そんな中で立場の近い人達が大同団結するのは当然の流れだと思います。そして民主党側がまとまって参加できたことは岡田代表のお手柄だと思います。
新党の目標は勿論「政権交代可能な政治勢力」を再び作ることです。言い換えれば「万年野党」ではなく「中道保守の政党」にキチンとなることです。「外交安保は現実的に、内政は改革的に」です。それが出来れば国民の信頼が戻り、政権を託される時が近づくと思います。
与党と比べて女性の登用をより重視する、そういうところで与党との違いを出すのもよいと思います。民主党が一度で出来なかったことにもう一度挑戦するのが民進党です。引き続きのご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

■ 福島5区:バトンタッチの時来たる!
この2月26日、私は67才になりました。いわき市議になったのが47才でしたから、政治の世界にちょうど20年居たことになります。大震災からは5年経ちました。お世話になった民主党は名前が変わる・・・そんなことが重なる中、「ここ福島5区で総支部長を次の世代にバトンタッチする時が来た」と感じました。
そこで3月8日、上京して党本部の玄葉選対本部長にそのことを申し上げたところ、玄葉さんからは後継者の決定を条件に大筋了解をいただきました。19日には5区総支部の幹事会で報告、「後継候補選考委員会」設置となりました。20日と25日には後援会の役員会で、長年にわたる後援活動に深謝すると共に「今後選挙に出馬することはないが、避難が続く皆さんへの支援、若い世代への協力などは従来通り」であることを申し上げました。
7月の参院選はあろうことか衆参同時選になるとの噂もある昨今です。なるべく早く優秀な後継者を見つけて参ります。
(3月31日 記)
2016.04.15 Fri l 吉田泉だより l top ▲