20130115_ph.jpg

■ 消費税増税の再延期:アベノミクス路線を憂う!
6月1日、国会閉会を受けて記者会見した安倍首相は、来年4月に延期されていた消費税増税(8%→10%)を「さらに2年半延期する」と表明しました。そして「前回の衆院選の約束と違うのではないか」との指摘には、「今回の参院選で国民の信を問う」としました。
国民の意見は割れているようです。例えば2日に行われた日本経済新聞の「社長100人アンケート」では、この延期を「評価する」が38%、「どちらとも言えない」が36%、「評価しない」が26%でした。多くの方が「財政健全化が遅れる」「次世代に即けを回すことになる」「社会保障の充実に影響を与える」との理由でもろ手を挙げて賛成出来ない状況です。
問題は延期した理由です。安倍首相は「世界経済の新たな危機に備えるため」としていますが、これから先2年半のうちにそれが目に見えて改善するとは思えません。国内経済は5月の全国の求人倍率1.3(福島県は1.5)に象徴されるように、ほぼ実質完全雇用であり、「今やらなければ、いつやるのか」との見方もあるほどです。
デフレ脱却に拘る安倍首相が、それに拘りすぎて、無理なこじつけをしながら深みにはまりつつあるように思えます。人口減少の下、実力以上の経済成長を求めると財政赤字が溜まります。それがこの25年間の反省だったはずですが、安倍首相にはその認識が足りません。「これからもアベノミクスのエンジンを最大にふかす」と言っています。憂うべき状況です。国民の厳しい判断を待ちたいと思います。


■ 参院選:アベノミクスと憲法改正が争点!
アベノミクスと並んで、7月の参院選のもう一つの争点は、憲法改正への取り組み方です。東シナ海や北朝鮮の状況を考えると「もはやきれいごとでは国土・国民を守れないところまで来ている」との見方もあります。そのための議論が進むような選挙戦にしたいものです。また同日選はなくなりましたが、福島5区の後継者選考問題は引き続きなるべく早く進めて参ります。
(6月5日)
2016.07.14 Thu l 吉田泉だより l top ▲