FC2ブログ
20130115_ph.jpg

■ 総選挙:「失速」!
10月22日、総選挙の結果は吉野復興大臣8万票に対し吉田泉は5万票に留まり、比例復活を果たすことも出来ませんでした。
希望の党の失速、そして私自身の力不足、準備不足を痛感するとともに、支援していただいた皆様に深くお詫びを申し上げる次第
です。一方比例区では自民5万・公明2万に対し、希望3万6千・立憲3万をいただき、旧民進系にいまだ世の中の期待ありと感じたところです。
いずれにしろ激動の3ヵ月でした。7月の繰り上げ当選から始まって、民進党代表交代・解散・出馬決意・希望の党への合流・失速・・・そもそも近年左に振れすぎた民進党は離党者が続き、崖淵に立たされていました。「自民党は今や中道左派の路線に傾いている。だから本当に脅威なのは左派ではなく、みんなの党・維新の会のような右派からの攻勢なのです」とは自民党幹部の発言です。そういうこともあっての希望の党だったのですが、いかんせん、短期間での荒業すぎました。「まっとうなことを中途半端にやってしまった」とは政治学者・佐々木毅氏のコメントです。

■ これから:希望の党を見守る!
一旦分かれた政党は、簡単には元のさやに戻れません。暫くはこのまま進み、次の参院選前に新たな再編を迎えると思われます。私自身はもう公認を頂けるような立場ではなくなりましたが、希望の党をどうするか、そこには関わっていくつもりです。

■ 最後に:今年の一文字は「謝」!
ここ数年、年末に一文字を書く機会があり、一昨年は選択の「択」、昨年は次世代を支えるの「支」でした。今年は感謝の「謝」にしたいと思っております。一度はバトンタッチを公言した私に、もう一度大きな舞台を与えていただき、思う存分やらせていただきました。その皆様への謝です。これで20年余りにわたった公の世界での責任を一応果たし終えました。長い間のご支援に深謝すると共に、これからの一生のお付き合いをお願いして筆を置きます。
(12月1日)
2017.12.02 Sat l 吉田泉だより l top ▲