国会だより(2005年12月)

>コーラス
(↑ 11月の国会コーラスより。中央手前が吉田泉)

● 今年を振り返って
今年の国の政治は「郵政民営化」を軸に大きく動きました。
民営化法案を衆議院は可決、参議院は否決、
そして自民党分裂のまま衆議院の解散、
ところが9月11日の総選挙では自民大勝、民主惨敗・・・
60年に一度の「ええじゃないか運動」だったとの指摘もあります。

日本社会に潜んでいた大きなマグマが爆発しました。
一体どんなマグマだったのでしょうか。
一言で言うと、都市部に住む若い失業者、
フリーター等の人達が持っている不公平感

だったのではないでしょうか。

学校を出ても仕事がない。
勤めても正社員との間に大きな格差がある。
バブル崩壊以降この状態がなかなか改善されない。
希望が持てない・・・その鬱憤が、
「民営化で公務員を削減する。反対者はぶっつぶす」という
小泉総理の強い公務員叩きに
大きく呼応したのではないでしょうか。
本来、彼らは小泉政権の市場原理主義の
犠牲者だったはずです。

民主党こそ彼らの代弁者であるべきでしたが、
踏み込みが足りませんでした。
いずれにしろ日本社会は大変不安定化しています。
そこへの対応に民主党の最大の課題があると
考えているところです。

● 吉田泉の今年の活動
国会議員として2年目の今年は、
「財務金融」と「環境」の二つの委員会を中心に、
財政の中期展望
スギ花粉症対策
海外開発援助
地方環境事務所
産廃不法投棄
銀行代理業
等について、質問に立ちました。

そして予算関連法の採決の際は、
本会議場の壇上で初めて発言する機会も得ました。


また同僚議員と相談して、
国の最も基本的な課題に取り組むとの観点から
「人口減少時代のグランドデザインを描く会」を立ち上げ、
1年の議論を小冊子にまとめてみました。

1.これ以上の少子化をなんとか防ぐ
2.人口減少を前提に財政規模・社会保障制度を見直す
3.将来の人口増加のため価値観を転換する

などが主な柱になっております。

それでは皆様、今年も大変お世話になり有難うございました。
どうぞよいお年をお迎え下さい。

(12月1日 記)

2005.12.05 Mon l 吉田泉だより l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://izumidaily.blog27.fc2.com/tb.php/11-42d7263f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)