20130115_ph.jpg

■ 福島復興:技術・人材・財源の確保が一番重要!
東日本大震災から6年。多くの人の力により復興は一歩一歩進んでいますが、一方で困難も増大しています。その筆頭は福島第一原発の廃炉作業でしょう。事故を起こした4つの炉のうち、2号機に初めてロボットが入りましたが、内部の状況を明らかにするには至りませんでした。更なる技術、そのための人材がますます必要です。
また事故対策費用が増大しています。廃炉・賠償・除染の費用は全部で11.5兆円と見積もられていましたが、今回その倍近い21兆円に変更されました(このうち東電が負担するのは16兆円)。
福島復興を成し遂げるには、技術・人材・財源、この3つを東電と政府が確保し続けることが一番重要だと思います。そこが欠けたら復興は成りません。
この6年の間、県内では第一だけでなく第二原発の「廃炉」を求める議論が続いてきました。県民感情としては分からなくはありません。しかし第二は「再稼働」しなければいいのです。県知事がハンコを押さなければ、それは可能です。廃炉となると東電の財産が減るわけですから、財政状態が悪化し福島復興の足を引っ張りかねません。廃炉を決めても東電は第一に精一杯で、第二に手を付けることはできないでしょう。いま何が大事なのか、冷静に考えたいと思います。

■ トランプ政権:急進的な変更が混乱を生む!
アメリカのトランプ大統領の政権運営が大変不安定になってきました。保護主義、移民制限、医療保険の見直し等、考え方は色々あるとしても、余りに急進的な変更は混乱を引き起こしてしまいます。「大国を治めるは、小魚を煮るが如く」丁寧さが求められます。


■ 民進党1年:政権準備党か抵抗野党か!
結党1年目の党大会では、格差是正への強い姿勢が共通認識されましたが、一方で原子力政策の生煮えさ等が露呈してしまいました。選挙戦術的、左翼的発想では政権は遠のいてしまいます。夏の都議選が次の正念場になってきました。
(3月27日)
2017.03.28 Tue l 吉田泉だより l top ▲