FC2ブログ
■ 2006年3月の国会だより

3gatsu.gif
(写真:スプリング・ダンスパーティー会場にて)

●永田議員メール問題
2月16日の予算委員会で、
民主党の永田寿康議員(37歳)は
「3千万円を振り込むよう指示した堀江容疑者のメール」を
とりあげ、与党を攻撃しました。
しかしそのメールは結局「ガセネタ」だったことがわかり、
逆に与党から攻撃される羽目になってしまいました。
永田さんはたいへん優秀ですが、
やんちゃ坊主のような面も持っている人です。
今回はそれが出てしまいました。
政治家には危機における強さも要求されます。
偽メールの疑いが出た後、入院したり、
退院したのに本会議に欠席したりしたことも残念でした。
民主党は6ヶ月間の党員資格停止処分にしましたが、
今後衆議院の懲罰委員会にもかかることになります。
相談に乗ってきた野田国対委員長の辞任も止むを得ません。
前原代表と鳩山幹事長は、詳細を知らされていませんでした。
それなのに強気の発言を続けた責任はありますが、
9月までの任期を全うする気でやるしかないと思います。

先月のたよりで、「潮目の変化を感じる」と報告しましたが、
また逆転してしまいました。
高い授業料を払うことになりましたが、
ピンチはチャンス、一から出直しです。

● 消費者金融問題
2月27日の財務金融委員会で質問に立ち、
消費者金融問題を取り上げました。

この10年、消費者金融の残高は5兆円から12兆円に急増し、
それに比例するように、自己破産件数が4万人から20万人にまでなっています。
無人貸付機が街にあふれ、テレビコマーシャルが執拗に誘いますが、
まずはその高金利が問題です。

145万円が一人当たりの平均借入額ですが、
今の金利29%で利息だけ払うと、
毎月3万5千円の支払いが「永遠に」続きます。
ところが金利が18%に下がるなら、「5年半」で元本も完済されてしまいます。
その位、大きな差があります。

よその国では20%よりも高い金利は規制されています。
日本もまずそこを直し、溺れかけている人を救わねばなりません。
弱きを助けて強きを挫く、
そのための具体的課題がここにあると思います。
(2/28記)
2006.03.01 Wed l 吉田泉だより l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://izumidaily.blog27.fc2.com/tb.php/24-9ce6c07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)