FC2ブログ
○ 2007年4月の国会だより

■赤坂宿舎

衆議院の赤坂議員宿舎が完成しました。
豪華すぎるのではないか、使用料が安すぎるのではないか。
マスコミが大きく取り上げています。
そこで担当の財務省理財局と衆議院事務局に事情を聞いてみました。

赤坂宿舎は古くなったものを壊し、建て替えたものです。
28階建ての外観は立派ですが、内装は公務員宿舎と同じ。
坪単価も民間マンションより2~3割安いとのことです。
使用料は公務員宿舎に準じて、毎月9万2千円。
ここまで特に問題があるとは思えません。
ちなみに、
総理大臣や衆議院議長、最高裁長官などの公邸は無料です。
私が今までいた高輪宿舎も同じルールで作られ
運営されていたのに、何の騒ぎもありませんでした。
マスコミは28階建ての外観に惑わされているのではないでしょうか。

大臣や党首クラスになると警護が付きますが、
そのためにも議員宿舎は有効です。
売却して財政再建の役に立てよ、との考えもありますが、
桁が違います。ぜひ実態を知っていただきたいと思います。


■河野談話

戦後60年たった今、あろうことかアメリカ下院が
「旧日本軍の従軍慰安婦問題」の決議をしようとしています。
「その残忍さと規模において、かって例を見ないものであり、
20世紀最大の人身売買事案の一つ」
だとする大変激しいものです。

そしてその根拠にされているのが、
93年の「河野官房長官談話」です。談話は、

①日本軍が慰安所の設置や管理などに関与した、
かつ
②慰安婦の募集についても加担した、

とするものでした。

このうち①は歴史的事実ですが、日本だけのものではありません。
朝鮮戦争やベトナム戦争の時もありました。
また②は強制連行のことですが、
ジャワ島のオランダ人女性の事件(関係者は処罰された)
以外は、事実が確認されておりません。
これ以上誤解を広げないために、国をあげての対策が今必要です。
                         
(4月1日 記)
2007.04.06 Fri l 吉田泉だより l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://izumidaily.blog27.fc2.com/tb.php/48-d41a54fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)