FC2ブログ
○ 2007年8月の国会だより

■参議院選挙

 7月29日の参院選、おかげ様で民主党は大躍進を果たすことができました。全体の当選者は民主60・自民37・公明9・共産3・社民2・その他10の合計121人です。
 福島県では、民主の金子恵美さんがトップ当選を飾り、またここ第5区でも、民主の比例票が自公の合計を上回ることができました。

 躍進の原因としては、まず小沢代表の選挙戦術を挙げたいと思います。1年半前から地域間の格差問題を重視し、一人区に的を絞って地方回りを続けました。自民に対しては農業政策、公明に対しては子供手当ての対案をぶつけました。選挙をよく知っているベテランの味でした。それに「消えた年金問題」が重なったわけです。安倍首相とのテレビ討論でも、個人攻撃に走ることなく、大人の態度だったと思います。

 一方、安倍首相の方は、「最後の一人まで保険料をハッキリさせます」と言っても信用されず、政治とカネでハッキリしない事件が続き、強行採決17回の後味も悪く、結果として首相としての力量が疑われてしまいました。

 今後は、年内ないし来春に予想される解散・総選挙に向け、お互いに政権戦略を練り直すことになります。小選挙区制度が導入されて14年、次第に保守二大政党の時代になってきました。「自由主義的保守」と「社民主義的保守」の対立です。格差を是認するのか、是正するのか、が象徴的な争点です。この二つの勢力が政権を交代しながら、軌道を修正しあう時代に入りました。


■年金制度

 保険料の記録の問題以外に、年金の制度自体も大きな争点になりました。政府が100年安心と言っている現制度ですが、高齢化の進展を考えると30年しかもたないとの指摘があります。民主党は、「税を財源とした最低保証年金制度」と「すべての年金の一元化」を提案していますが、財源や現制度との整合性に疑問も抱かれています。次の総選挙でも最大の争点になると思われます。

(8月3日)
2007.11.23 Fri l 吉田泉だより l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://izumidaily.blog27.fc2.com/tb.php/53-5cc70d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)